教室について1

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
なんかダルイんだけどな

おかげさまをもちまして、ハンドメイドの教室を開催してからなんとか無事に、2年が経過しました。

今回は、2回にわたり、教室の運営について書いてみます。

このブログをご覧いただいている方の中にも、将来教室を開きたいな、と思っている方がいらっしゃると思いますが、少しでも参考になればと思って書いています。

教室を開催するにあたって重要なポイントは幾つかありますが、まず、最初に立ちはだかる問題が、開催場所です。

自宅で開催場所が確保できるならば、おそらくそれがベストでしょうが、鉄道の駅から徒歩7分以内(理想的には5分以内)で、家族の了解が得られる人は、少数派でしょう。

僕は数多くの教室に通いましたが、駅から遠いと、長く通うのは厳しいです。

しかも、何か運営上トラブルがあったときは、自宅だと逃げようがないですし、プライバシーが制限されるので、かなりの覚悟が必要です。

僕の場合は、駅から若干遠い(10分)こと、家族のことを考えると、土日の開催が難しいことから、早々に断念しました。

次に、レンタルのスペースを借りるか、賃貸で部屋を借りるか、という選択になります。

資金が潤沢なら、もう賃貸一択なのですが、最初から毎日開催できることは不可能に近いので、開催当初しばらくの間なら、レンタルスペースもありかな、と思います。

ただし、僕も、開催前は、何度かレンタルスペースを借りて、ワークショップを開催しましたが、レンタルスペースには教室として利用する場合、大きな問題があります。

参加者の人数にかかわらず、一定料金を支払う必要があり、参加者が少ないと、毎回持ち出しになることです。

見込み通り参加者が集まるか、常に心配しないといけないので、個人的には、最初金銭的なリスクがあっても、精神衛生上、賃貸(アトリエスペースとしても使えますので、当初赤字でも、長い目で見れば、絶対お得です。)で借りることをお勧めします。しかも、大抵のレンタルスペースは、資材を置いておく場所がありません。

あとはなるべく安い賃貸物件を探す、ということだけです。

僕の場合は、運よく1カ月ほどで理想的な物件にあたりましたが、焦らず、諦めず、半年~1年計画で物件を探すことをお勧めします(物件は、自宅から近い方がなにかと便利ですよ。)

 

次回は、教室のシステムについてお話ししたいと思います。

0 コメント

新しい試み

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
母ちゃんお腹すいたよー

作品を制作する場合、過去の自分の作品の色や素材の変更、あるいは、(耳や目など)部分的に変更することは、いつでもやります。

今までの手法で、動物だけ新しくするのは、それほど困難なことでもありません(特殊な形をした動物は、全く新しい発想が必要になってきますが。)。

しかし、根本から新しいアイデアを形にする場合は、失敗や手戻りがあるため、イベント間近には、作品数を揃える必要があるので、なかなか出来ません。

今年は、4月から9月の頭まで、イベントラッシュであったため、色々思いついたことを形に出来ないでいました(特に6月から9月の頭にかけての3カ月間は、我ながら呆れるくらい、ただひたすらに制作していました。)。

次のイベントは、12月の頭なので、今回、約3カ月空いたおかげで、9月初旬から、今日まで、三つほどの新しい試みに、集中的に取り組むことが出来ました。

そろそろチャレンジもこれくらいにして、来週から、次回のイベントに向けて、作品を貯めていく必要がありますが・・・。

過去のブログにも書きましたが、この新しい試みが、実は創作行為の中で、一番面白い箇所で、今回も、本当に楽しんでやりました。12月のイベントで、どれだけの方に受け入れられるか本当に楽しみです(すでにインスタで、ある程度の反応を得ていますので、予想はつきますが。)

勿論、新しい試みは、常に失敗やり直しも多くあり、苦労も多いのですが、それを上回る楽しみがあるので、毎回苦しいことも楽しみの一部になっています。

 

何年たっても作風が変わらない、というのも、安定感があり、魅力の一つになるのでしょうが、僕自身としては、常に、「3年経てば作るものがすっかり変わっていた」と言われるようでありたいな、と思います。

0 コメント

アートへの興味

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
親子?似てないけど

世の中にはアートに興味がない、という人達がいます。

ではどれくらいいるか、というと見当もつきませんが、音楽はバックグランドミュージック、絵画や造形物は、飾り・装飾品、文学や映画は、物語、ストーリーを追って楽しむもの、それ以上の価値はない、と思っている人は確実にいます。

 もちろん、必要以上にアートに興味がわかないことに対する恩恵・メリットも多いと思います。

アートが人並み以上に好き、ということは、頭の良さではなく、感受性、感性の問題です。

鋭い感受性というのは、概ね生きて行く上ではやっかいな荷物です。

トーマス・マンの「トニオ・クレーゲル」の主人公に共感を覚える人なら、この「やっかいさ」には、きっと頷けると思います。

感受性が鋭くない分、図太かったり、強気だったり、素直だったり、裏表がなかったり、さっぱりしていたり、あっけらかんとしていたり、良い面は幾等でもあるのですから。

アートだけでなく、人生は等価交換の法則が成り立っていますよね。何かが少なければ、何かが多い(増える)。おそらくアートに興味がない人は、その喜び、楽しさ、深さを生まれた時から知らないのですから、特段の不都合はないと思います。

その分、生きていくうえで、力強さを持っているし、別の楽しみを持っていると思います。しかも、生涯一度も経験しない感情や、喜び、楽しみは、その人にとってはこの世に存在しないものに等しいのではないでしょうか。

僕は、自分自身にとって、アートは人生の花、アートがあってこその人生と思っていますが、アートに価値を求めないからと言って、その人が生きて行く上で損している、とうことは絶対に無いと思いますね。

実際、アートがなくても、生きていく上では、全く困らないのですから。

(でも、僕は、アートが好きな自分で良かった、といつも思います・・・。ちょっと傲慢でしょうか。)

 

 

0 コメント

梱包について

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
こんな感じです

ネット販売を始めようと思って、実際に着手するまで1年半かかってしまいました。

理由は色々あるのですが、その中の一つに梱包をどうするのか、という問題がありました。

実は、今回ネット販売するまで、時々、ホームページやインスタに掲載した写真の子を譲ってほしいと、メールで頼まれたことがあって、何度か送ったことはあったのですが、かなりいい加減な梱包で送っていました。

箱は、アマゾンやヨドバシ。プチプチで作品を包んで、送っていました。

今考えると、冷や汗ものですが、準備する時間がなく、その都度慌てて送っていたので、まあ、お客さんも勘弁してくれるだろう、と甘く考えていました。

今度は、そういう言い訳は出来ないので、購入された方が、箱を開けた瞬間に心地よさを感じるように出来れば良いな、という思いで、1カ月前から、あれこれ考えました。

まずは、梱包材。プチプチなどは、アマゾンなどと変わらなくなるので、多少経費と手間暇がかかっても、良い、と思い、英字新聞をシュレッダーにかけたものを選ぶことにしました。

ところが、英字新聞が手に入らない。ネットで売っていますが、大量に買うことになるため、何か良い手はないか、と考えた末、使わなくなった英英辞典を使うことにしました。

実は、厚さ、大きさが、手動のシュレッダーにぴったりで、まさにドンピシャという感じでした。思っています。作品がパッと箱を開いたときに見えるよう、透明の紙で包み、周りにポプリを施し、メッセージカードを添えることにしました。

箱を開けた瞬間に、ポプリ(バラの香り)が匂うので、きっとお客さんに喜んでもらえるだろう、と自画自賛しております。

ポプリは100均で売っているもので充分で、10回分位使えそうです。

箱は、作品の大きさに併せて何種類か選べるようにしました(アマゾンなどのように、小さな商品が大きな箱に入っていると興醒めするので。)

色々な大きさの箱を売っているショップをネットで探したけれど見つからず、諦めかけていたら、なんと家から近い、三軒茶屋に実店舗があったので、色々現物を見ながら選ぶことが出来ました。

 

当面、梱包については、今回考えたスタイルでいこう、と思っています。

1 コメント