本当に好きなこと

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
メエー

昨年、僕の友人が公務員を中途退職しました。

現職中から、海外不動産に投資していて、家賃収入で暮らしていける目処がたったので、40代後半に安定した公務員の職を捨てて、独立したのですが、彼は現職時代、ギターを弾くのが大好きで、仕事を辞めたら、ギター弾きまくる、と言っていたのですが、1年経った今、全く弾かなくなってしまったのです。

僕が陶芸教室に通っていた頃も、定年近い会員が、退職したら、思う存分作るぞ、と言っていたのが、退職して暫くすると来なくなる、ということが度々ありました。

僕と同時期に公務員を定年退職した友人は、大の読書好きだったのですが、辞めてからは、すっかり本を読む気が失せたといって、今はDVD鑑賞にはまっているようです。

さて、自分の場合、現職時代は、ビリヤード場に熱心に通っていたのですが、退職後は、すっかりやる気が失せたのです。ウクレレは辛うじて続いていますが、これも、細々という感じ。

どうやら、好きだと思っていたことも、仕事の憂さ晴らし、気分転換でやっていたものは、仕事上のストレスが無くなると、バランスが崩れて、やる気が失せる、言い方を変えれば、やる必要性が無くなってしまう場合があるようです。

しかしながら、ハンドメイドの創作活動は、有難いことに、現職時代以上に熱心になり、続いています。

分析すると、創作活動は、面倒なことや、煩わしいことも含め、生活のメインに据えてやろうとしていたからで、結局仕事が創作活動にすり替わった、ということのようです。創作に関することは、本当に好きでやっているし、とても楽しいのですが、本気でやっているので、思うようにいかないこと、ガッカリすること、ストレスが溜まることもあるのですが、むしろ、それだからこそ、続いているのかな、と思います。

ただひたすら、楽しいだけのことには、深みがなく、気晴らしにしかならないのかな、と思ったりもします。

 

今の、気晴らしは(映画館に出向いての)映画鑑賞、日帰り温泉、音楽鑑賞辺りでしょうか。これらの楽しみで、ストレスが溜まることは皆無ですから。

0 コメント

ネイチャーアニマルワンダーランド雑観

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
ちっちゃい子達(4.5cm)

先日2日に無事終了した、「ネイチャーアニマルワンダーランド」の事後報告をします。

発足当初知名度も低かった当イベントも、いつからかSNS上で「ネイアニ」という愛称で呼ばれるようになり、特にぬいぐるみテディベア好きにはかなり浸透してきました。

今回は、奇しくもアイドールと重なってしまい、あちらの方がメジャーイベントとあって、来場客数の減少を危惧していましたが、昨年とさほど変わらない来客数でほっとしました。

向こうはカスタムドール、こちらは創作系とあって、うまく棲み分けが進んだのでしょうか。

それでも、毎回来てくれている人の顔が見えなかったり、いつも午前中に来てくれる人が、午後から来場したり、個人的には、明らかにアイドールの影響がありました。

今回気づいたのは、羊毛フェルトの展示が減って、テディベア/ぬいぐるみ系の出展が増えたこと。テディベア/ぬいぐるみ系の出展は、2年前に比べて、1.5倍くらいになっていると思います。

今回一番印象に残っているのは、常連出展のYさん(Yさんは、多分このブログを読んでいないと思いますが、あえて名を伏す。)のこと。

Yさんは、今年に入って、かなり尖がって、昨年よりも個性が際立ち、随分進化したなあ、素晴らしいなあ、と思っていたのですが、今回閉会の1時間前後に立ち話しをしたところ、今年になって売れなくなった、具体的に「今回は〇点しか売れなかった」と話してもらえました。その余りの少なさに愕然としたのですが、今までのファンが離れていってことが、明らかなのがわかりました。

一般受けする可愛さがとれて、(いわゆるファンタニマ受けする)妖艶な怪しさが増した今、彼女は踏ん張り時だな、と思いました。もう以前のような作品は作らない、と言っていたので、自分で退路を断ったようです。

僕が見る限り、作品の質も世界観も、間違いなく向上しているので、新たなファンを獲得するのに時間が必要だと思います。

りっぱな覚悟だな、と思いつつ、果たして自分にそこまでの覚悟があるか、といえば、正直ありません。

 

自分にも具体的な変化のイメージはあるのですが、今まで支持してくれた方々は離れていくだろうな、と思うとYさんのような英断はできないでいます。

0 コメント

イベントの回数

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
チュンチュン ピヨピヨ

いよいよ明日122日、浅草で開催される、ネイチャーアニマルワンダーランドに出展します。なんとか、50+αの作品が用意出来ました。

一昨日に準備が終わり、今日は何もする気が起こらず、ブラブラしてしまいました(いつもイベント前日はそうなりますが。)

しかも、イベント前日は、なにか、忘れ物をしているような気がして、なんとなく落ち着きませんね。

今年は、トータル6回のイベントに出展しました。昨年は、なんとこの倍の数に出展しました(月平均1回!)。

そのため、昨年は、自分を振り返る余裕が全くなく、ただ過去の作品をトレースするだけで、あまり進歩のない1年になってしまいました。今年は、そうならないよう、デザフェスなどのハンドメイド系のイベント出展を取りやめて、出展するイベントを厳選しました。

あと一回、今月20日~25日まで、銀座松屋で開催される、加藤日砂さん企画の「赤、緋、朱、紅いろいろ世界展」にも出展しますが、こちらは出展作品が5点程なので、なんとか乗り切れそうです(この展示会については、後日詳しくご報告する予定です。)。

今回、前回のイベントから約3カ月空いたので、色々実験的な試作が出来ました。

有難いことに、9月一杯は、新しいアイデアを考えることと、それを形にすることに専念で

お陰様で、来年以降に着手する予定のアイデアも準備できたので、やはり、1年のうちで、全くイベントに出ない期間が連続3カ月は必要だな、と痛感しています。

次のイベントが3月中旬なので、また3カ月近く空きますが、この間に、新しいアイデアを形にしていこう、と思っています。

来年は、今年出展した6回に、もう1~2回出展を増やそうと思っていますが、来年も、9月上旬から12月上旬までは、絶対イベントを入れないでおこう、と決めています。

明日はアイドールと日程が被っているので、いつもよりはお客さんが少ないかもしれませんが、楽しんできたいと思います。

 

 

0 コメント