陶器の展示

ギャラリーのエントランス
ギャラリーのエントランス

 

ホームページのnews欄でお伝えしましたが、510日から、19日まで、小田急線梅が丘駅前のギャラリー「梅猫庵」に陶人形を44点ほど出展しています。昨日、会場を見てきましたが、ギャラリーの方がとっても素敵にディスプレイしてくれていました。

 

7人展なのですが、自分以外は皆画家の方で、「シッポnakama」展という名のとおり、モチーフはすべて動物です。

 

 

こんな感じです。
こんな感じです。

 

今回新作は殆どなく、1年以上前の作品がメインです。

作家活動を始めた時は、陶人形作家と自ら名乗っていたくらい、製作の7割を陶器で占めていたのですが、いつの間にか、製作する大半がぬいぐるみ系になっていました。

過去にもブログに書いたのですが、作るのは、直感的に制作できる陶器の方が断然楽しいのですが、SNS上でも、展示会会場でも、圧倒的にモコモコした方に人気があり、陶器の制作をドンドン後回しにしてきました(勿論、ぬいぐるみを作るのも楽しいのですが。)。

 

 

今回の展示に当たって、SNSで久々に陶人形の写真をアップしたところ、「陶器も作るのですね」というコメントを沢山頂いて、インスタを始めた当初は、陶器がメインであったことを考えると、とても複雑な心境です。

 

続きを読む 0 コメント

教室に来る方々

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
ドスコイ1

2016年の9月に教室を開いて、早2年半が経過しました。

その年の8月にホームページで、9月からスタートします、と教室開催を告知したのですが、2カ月間全く反応なし。

10月と11月にようやく一人ずつメンバーが増えました。有難いことに、お二人は今も通ってくれています。

 

翌年2017年の春頃に5人くらいになって、ようやく教室らしくなってきました。

現在は20名を少し超えるくらいのメンバーがいます(内男性は1名。)。

もちろん、その間に辞めていった方もいますが、以前にもブログに書いた通り、クラス制ではなく、日本一通いやすい教室」を目指してチケットで、好きな日の好きな時間に通えるようにしていますので、いつ誰が辞めたのかわからない状態です(今もひょっとしてやめたかも、という方が二人いますが・・・。)。

 

ただ、最長6カ月空けて、ふらりと再開された方もいます。

余裕のある時に頻繁に通い、忙しいときは2~3カ月空ける方はざらで、自分がかつて、こんな風に通えればいいな、と思っていた教室スタイルにしています。

また、大抵の方は、スタート時月2回(熱心な方は週1回)位通って、慣れてきたら月1回のペースになります。

 

通われる最初の頃は、出来る限りマンツーマンレッスンを心がけてもいます。

 

ホームページには一回のレッスンで最大4~5人と書いていますが、通常は2人くらいで、3人が上限です。それ以上になると(自分の能力では)教え方が雑になるので、4人にならないよう注意しています。