バスキア展

前澤氏所有の絵
前澤氏所有の絵

本日、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されているバスキア展に行ってきました。

 

バスキアについては、ネット検索すればいくらでも情報があるので、来歴などは省略して、展覧会の印象だけをお話します。

あと2日で展示会も終了するためか、会場に入るまで、物凄い行列でしたが、中は思っていたよりも混雑していなくて、余裕で鑑賞できました。

バスキアの絵は、わかる、わからないではなくて、感じるか感じないかだと思いますが、いたく感じた作品がある反面、殆ど子供の落書きとしか思えないような作品もあり、少し混乱しました。例の、ゾゾタウンの前社長前澤氏が123億円で落札した絵の前では、黒山の人だかりでしたが、あの絵よりもっとビビっと感じる絵が沢山ありました。

 

普段の他の展示会と違って、入場者は圧倒的に若い世代が多かったのですが、まあこれは予想通りでした。ポップなスタイルと色使いが若い世代の感性を刺激するのでしょう。色彩感覚も、本当に素晴らしいと思いました(特に黒の色使いが。)。

バスキアが天才であったのは間違いないのでしょうが、ネットで調べたところによると、デッサンの基礎もなく、この辺りはピカソと違うところです。

 

今回、一番感じたのは、アートが残酷であることでしょうか。

才能がないと、どんなに地道な努力を積んでも、バスキアのような画家にはかわないな、ということ。これは音楽など他のジャンルにも言えることであり、たかが(と敢えて書く)ハンドメイドの世界でも、才能の差は歴然としています。

 

ただ、ハンドメイド辺りだと、職人技も大いに関係してくるので、努力が報われる部分も充分あるのかな、と思います(職人技は費やした時間に比例して上達すると思います。)。

 

最近は、天才と発達障害の関係もあれこれ言われているので、才能と引き換えになにかを失っている、と考えれば、才能に恵まれない側の人間としては、ホッとします。

0 コメント

技術の向上

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
子沢山のくまさんです

教室に通われている方は、みなさん一様に、「早くうまく作れるようになりたい」とおっしゃいます。その時の僕は、必ず「うまく作るより、素敵(魅力的)に作る方が大事ですよ。」と答えます。でも、高い技術と魅力的な作品は、トレードオフの関係にないので、両方あった方がいい、という人もいます。

 

この話が出ると、必ず思い出すのが、本物そっくりに描かれている「スーパーリアリズム」の絵画です。個人的には、あの手の絵はあまり好きではないし、技術やテクニックの無駄使いだと思います。

僕の作風から察してお分かりだと思いますが、僕は、圧倒的に、作者の世界観、個性を重視します。

 

しかし、ここが肝心なのですが、自分が表現したいこと、やりたいことに、技術やテクニックが必要なら、やはり技術やテクニックは必須だと思うのです。

表現したいことに、高度の技術や、うまさ、熟練の技が必要ないなら、あえて技術やテクニックは必要ないと思いますが、但し、自分の技術やテクニックを磨くことを怠って(楽をして)、意図的に安易な作風に流れるのは、やはり、一種の逃げだと思います。

 

まとめると、「自分が目指すもの、表現したいことに、技術の高さが関わることもあるので、技術や手テクニックの幅を広げ、精進することは無駄ではない。」というのが、僕の結論です。

 

 

ちょっと回りくどい表現ですが、今後も、うまく作っていること以外に特徴がない作品は、出来る限り作らないようにしたいと思います。

0 コメント