教室再開に向けて

ippoたおか  ぬいぐるみ教室  テディベア
もう大丈夫だよ。

いよいよ、教室再開の日は近づいてきたな、と思っています。

 

本日非常事態宣言が解除されましたが、当教室は、飲食店、居酒屋(夜10時まで営業が解除された。)よりは、遙かにリスクは少なく東京都のステップ1に該当している、と判断しました。

近日中にメンバーに6月からの再会をお知らせするつもりですが、あれだけマスコミに恐怖をあおられたら、かなりの人が電車に乗って、教室に来ることを怖がるのではと、正直危惧しています。

 

これは色々な情報を総合した、個人的な見解ですが、電車に乗ること自体は、感染リスクは低い、と思っています。何故なら、全世界的に、電車内(どの国でも、地下鉄は混雑します)でクラスターが発生したということは聞かないし、もし電車内が感染の発生源になるなら、日本(特に東京)はいつまで経っても、感染者が減らないはずです。毎朝、京王線の踏切を越えていきますが、非常事態宣言下でも、ラッシュ時、車外からみた車内は、肩をつきあわせるぐらいに、相当混んでいます。

どうやら、本当に危ないのは、地下にあるライブハウスや風俗店などの極端に換気が悪く、人と人が密着するところや、病院などのように、人と人が頻繁に接触するところなのでしょう。最近の情報でも、新型コロナは、飛沫感染と接触感染がメインだ、と伝えられています。

 

とはいっても、絶対空気感染しないとはいえないし、免疫力も個人差があるし、人が感じる恐怖心はそれぞれ違うので僕が安全を補償できない限り、声高に来てください、とは言えません。

 

  自分に出来ることは、せめて、教室内の安全度を高めることだけです。①窓を開ける、②定員を絞る(当面1名)、③プラズマクラスター(浮遊ウィルスを99%除去)を運転する、④マスクを必須とする、⑤入室時、手洗いを慣行する。⑥アルコール除菌液を常設する、を実施します。

 

 また、せめてもの安心材料として、今回、赤外線除菌器も購入しました。これを、対象物に25秒あてると、机や道具に付着したウィルスを99.9%死滅させる、というツールです。

 

 おそらく、インフルエンザがそうであるように、今後、新型コロナの感染者が完全にいなくなることは、ないでしょう。ワクチンや治療薬の開発を望むばかりです。

0 コメント

大切なモノ

ウサギの着ぐるみを着たクマ
ウサギの着ぐるみを着たクマ

今、音楽ライブや、映画館、美術館、スポーツも含めたイベントなどの文化活動が大幅に制限されています。

 

これらは、(スポーツイベントを除いて)僕の日常生活に深く入り込んでいたモノなので、本当に淋しい限りです。

自分にとって大切なモノであっても、密室で大勢の人が集まる場所になるのだから、現状ではやむを得ないのですが、果たしてこれがいつまで続くのか。

先日、ハンドメイド作家の友人からのメールで、「私たちは良かったね」とあって、「何が?」と思ったのですが、「私たちは、一人部屋で籠もっていても、作ることができる」と書いてありました。

 

イベントがなくなり、教室も休業し、先行きが暗いという思いにとりつかれていたので、この言葉には、はっとさせられ、救われました。

 

そう、一番大切なモノは失っていなかった。

 

バンド活動や演劇活動、チームでのスポーツ活動は、殆ど活動が出来ないことを考えれば、どれだけ恵まれているか。

 

もう一つ気づいたこと。

地方在住のハンドメイド作家にとっては、イベントもない、教室やワークショップを開こうにも人が集まらない、という今の状況が当たり前であること。

ネット販売が出来ることを考えれば、失ったモノは殆どない、ということに。

 

それでも、一日も早く、音楽ライブや、映画館、美術館、スポーツも含めたイベントなどの文化活動が再開されることを、待ち望んでいます。

 

 

0 コメント