モヘアの染色

色々な色に染めます。
色々な色に染めます。

以前、モヘア等の染色について、ブログに書いたことがありますが、自身の染色方法も進化したので、このあたりで、現時点の染色法についてまとめてみます。

作品の殆どは、自分で染色しています。

 

染める前の色は、無色か、グレーやベージュなどの淡い色で、濃い色は、殆ど染色しません。

染色剤は、当初色々試しましたが、桂屋の「みやこ染め」1本です。

最初、よく染まるように、モヘア等を水通しします。

事前に、その日染める色を決めておいて、染料に無駄が生じないよう、段階的に混色していきます。(大体1回の染色で、半日くらいかけて、1020枚くらい染めます。)

 

染料は、小さな容器に熱いお湯で溶かします(ここでよく溶かしておかないと、色が塊になって、美しく染まりません。)。

大きな容器に移して、人肌くらいの温度になるように、ぬるいお湯に溶かしていきます。

お湯の中で、よく染まるように、しっかりと手で揉みます。

大体30秒くらいで、一度あげて、絞ります。

色が薄ければ、さらに時間をかけて揉んでいきます。

なお、自分の場合、単色で染めることは、殆どありません。

24色くらいを、思い通りの色になるまで、徐々に混合していきます。

この作業は、毎回ワクワクして、飽きることがありません。

 

コツとして、グレーを少し、混ぜると色が落ち着くので、グレーを混色します。

原色やパステルカラーは、あまり好みではなく、大体くすんだ、あるいは、よどんだような色が好きなのですが、似たような色ばかりにならないよう、気をつけています。

 

当初は、水彩画を長くやっていたからか、黒を避ける傾向にあり、黒を使っていなかったのですが、今は濃いめの色を作るときには、黒も使います。

 

教室に通う方々のために、染色のレッスンもしているからか、当教室のメンバーは、かなりの割合で、自分で染める方が多いようです。

 

 

0 コメント

便利アイテム

今回は、僕がレザークラフトをやっていた頃に使っていた便利アイテムが、ぬいぐるみ用の服にも大活躍することがわかったので、ご紹介します。

 

それは何かというと、5mm以下の、極細の両面テープです。

レサークラフトで2枚の革を縫い合わせるとき、事前に細い両面テープを貼っておくと、ずれないで、縫えるのです。

 

実は、ぬいぐるみ用の服の制作にも使えると気づいたのは、つい最近で、ギャザーの入ったスカートを制作するときに、どうやってギャザーを入れようかと思案していたところ、ふと10年近く前にレザークラフトで使っていた極細の両面テープを思い出し、試しに使ってみたところ、これが予想以上の活躍をしました。

 

厚みも、極細(おそらく0.1mm位)、透明で、強力な粘着力のため、縫う箇所に先に張っておくと殆どずれません。また、レースを折りたたんで貼っていくと、均等にギャザーを入れることが出来ます!

僕がメインに使っているのは、3mm幅で、2mmも持っていますが、ちょっと細いかな、と思います。

 

色々なメーカーで出ていますが、僕は、レザークラフト教室で勧められた、ドラパス社のクラフト模型用を使っています。

欠点としては、これを貼った箇所を縫っていくと、接着剤が針につき、すぐにベタベタしてくることでしょうか。

 

なので、これを使用する場合、アルコールペーパーで吹きながら縫う必要がありますが、慣れれば気にならなくなりますよ。

とくかく、服を作る人は、一度使ってみることをお勧めします。

 

ネットで両面テープについて調べていたら、しつけ用の両面テープ(粘着力が若干弱い?)も売られており、これも近日中に使ってみようかな、と思います。

0 コメント