i-ppoたおか ippoたおか

Handmade通信~2017年6月以前

 このページでは、ハンドメイドやアートに関すること、新しい手法や新作などについて、速報をお伝えしす。ブログと重複することについては、こちらで速報をお伝えし、掘り下げてブログでお伝えしていきます。


ラッコ参入

ワークショップに参加された方のご要望により、「しっぽで立つシリーズ」にラッコが加わりました。

貝も持たせてくれ、とのことでしたので、きっちりと、貝も持ってもらいました。

(2017年6月25日)

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 東京 テディベア
これから貝を食べます。


ネズミのウェディング

友人の結婚披露宴で、プレゼントをしたい、という方の依頼を受け、特別にネズミのウエディング姿を作成しました。

依頼通りに、とても、小さく作りました(5cmくらいで、頭手足が動きます。)。

花嫁さんに喜んで頂けると嬉しいのですが。

(2017年4月18日)

 

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 東京 テディベア
新郎新婦の入場です


グラスハープに預けました。

takutoすがわらさんのお店「Grass harp」に布のブローチを常設してもらうことにしました。

作品は時々入れ替えますので、是非観に行ってください。takutoのクマさんにも逢えますよ。

 

Grass harp」の所在地

 東京都世田谷区桜丘5-21-4 Tel 03-3428-7385

 営業時間 11:0017:30  最寄りの駅小田急線千歳船橋駅

 展示会などで臨時休業することがあるため、遠くからお越しになる場合は、電話で確認してください

(2017年4月5日)

 



リッティさんに預けました。

ベア好きなら誰もが知っている、「RittiBear」さんに、作品を預け、委託販売をお願いしました。写真の6点を預けます。

ネットから購入できますので、興味のある方は、リッティベアさんのホームページを覗いてくださいね。

関西在住の方は、現物もご覧ください。

 

「RittiBear」大阪市北区長柄束1-5-21-1403

 http://www.rittibear.com/

 

(2017年3月27日)

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 東京 テディベア
早く里親を見つけたいよう


空手カエル

空手をやる友人の依頼で制作した、陶器製の空手カエル。

空手の型など、まったく理解していないのですが、写真から見よう見まねで、空手のポーズをとらせました。

普段なら、ボーとした感じのカエルを作るのですが、今回だけは、凛々しく、きりっとしたカエルさんにしました。

(2017年3月11日)

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 カエル 陶器
来るならこい


モヘアに凝りました

 またまた、テディベアワークショップ受講者の作品を紹介させてください。

 ネットで入手した、とても珍しい白黒ミックスのモヘアを使い、3回で仕上げました。何しろ地が黒く長めの毛に、暗色の糸を使ったので、縫うのが大変だったと思うのですが、こんなにチャーミングな子に仕上がりました。名前は「ププ」です。(2017年3月5日)

 

初めまして。ププです。
初めまして。ププです。


どすこい君参上

 テディベアのワークショップ受講者が作成した、超ユニークな「どすこい君」。

この方は、2作目で、これだけの個性を発揮されました。

なぜか「ど」の腹巻をしている・・・。

(3回の参加で完成しました。)

(2017年2月18日)

 

姿勢からしてユニーク
姿勢からしてユニーク


アメリカンショートヘアです

 当ワークショップは、受講者の自由な発想を最優先しています。僕はネコを作る際、品種は殆ど意識していないのですが、今回の参加者は、依然飼っていたアメリカンショートヘアのニャンコを思い出して、作成されました。グレー地に黒の縞模様で可愛く再現!

(2017年2月3日)

 

肉球もあるよ
肉球もあるよ


出展作が決まりました。

以前、NEWSページでお伝えした、2月に大阪で開催される、「che carina! かわいいもの展」への出展作が、写真の山羊くんに来ましたした。

 なお、この作品に関しては、ネットでも購入できます。

詳しくは、次回のblogでお伝えします。

(2017年1月27日)

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 東京 山羊 人形
たそがれの山羊くん


同じ型紙ですが

 当教室のテディベアコースで、受講者の方が作成したテディベアです。自由な発想で作って頂いているので、同じ型紙なのに、これだけ違ったベアができました!(2017年1月15日)

兄弟なのに似てないの
兄弟なのに似てないの


初挑戦

 展示会などで、お客さんに、「〇〇は作っていないんですか」と聞かれることがあります。

作りたい動物は、大体作ったように思うのですが、カワウソ、フェレット系は、何度か聞かれたことがありました。

そこで、今回初挑戦!。

(2017年1月4日)

i-ppoたおか イラスト 東京 経堂 ハンドメイド カワウソ
カワウソくん


たまには動物以外も

制作する者は、80%が動物、20%が人間の女の子ですが、たまには、写真のようなロボットも作ってみます。

でも、やっぱり中にネコがいるんですけどね。

(2016年12月26日)

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 ネコ
ネコ入りロボット


個性的な面々

最近の、ワークショップに参加された方々の作品です。

左のテディベアは、空色の目が、真ん中のペーパードールは、カツラのような頭の毛が、右のぬいぐるみは、ペンキを飛ばしたような塗り方が、とっても個性的だと思いませんか?

(2016年12月12日)

 

 

ワークショップ参加者の作品
ワークショップ参加者の作品


アニマルワンダーランド参加

昨日、ネイチャーアニマルワンダーランド2016に出展しました。

動物の人形・ぬいぐるみの祭典です。

デザインフェスタと1週間しか空いてしなかったので、最初参加を見送ろうかと思ったのですが、本当に参加してよかった、楽しいイベントでした。

詳しくはBlogで。

(2016年12月5日)



教室リニューアル

このたび、受講希望者のご意見を取り入れ、レッスン内容を、大幅にリニューアルすることにしました。数回で終了するタイプのコースを一定数以上設け、ワークショップスタイルを中心に、受講者が出来る限り、好きな時に好きな講座を受講できるように、工夫しました。詳しくは教室ページをご覧ください。

(2016年11月24日)

 

 

こんなのが出来ました。
こんなのが出来ました。


サックスがえる

 サックスを演奏する友人からの特注品。

 Instagramでも、好評でした。

 明日、友人にもらわれていきます。ちょっと名残惜しいか。

(2016年11月17日)

 

ippoたおか 田岡正臣 カエル サックス 陶器
サックス吹いてます。


もこもこ動物園

 デザインフェスタに出展を予定している、キルト芯のもこもこたちが続々と誕生しています。

 大きさは、10cm位ですが、キルト芯を染めるのが、けっこう大変なので、フェルトシートを使った方が、楽ちんに仕上がります。でも、この大きさだと、キルト芯の方が見栄えがするようです。

(2016年11月11日)

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 東京 テディベア
モコモコです。


フェルトシートを使う

 先月、キルト芯を使った人形のことをお伝えしましたが、もっと小さく作りたいと思い、フェルトシートを使って、同様の手法で、65mmのクマを作りました。もちろん頭手足が動くように作ってあります。

もう少し頑張れば、もう少し小さくできるかな。

(2016年11月4日)

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 東京 テディベア
フェルトのくまさん もこもこです。


磁器で作る

 写真のネコときつねは、磁器で、うんと小さく作りました。

 身長65mmです!

 頭、手足が動くようにしたのですが、釉薬を全体に均等に塗るのが難しく、制作にはけっこう時間がかかります。でも、この質感はとても気に入っています。

 小さく作品は、沢山並べないとインパクトがないので、あと6~8体は、作るつもりです。

(2016年10月27日)

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 東京 テディベア ネコ ねこ
磁器のネコときつね


ペイントテディ

 写真のクマさんたちは、麻布に、テディベアの手法で作成し、一体一体、アクリルでペイントしました。

麻布の荒い目が、丁度キャンバスのようで、絵を描く楽しみを味わいながら、作成できました。

過去同じ型紙で、モヘアのベアを作ったのですが、全然別物に仕上がったようです。

(2016年10月15日)

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 東京 テディベア
手描きですよ


同じ型紙でも

 昨日のワークショップで誕生した子達です。3時間ほどで完成しました。今回も参加者には、とても楽しかった、と喜んでいただきました。

二匹は、同じ型紙で作られていますが、綿の詰め方で、こんなに、顔の輪郭や、体形が違います。

右は型紙です。顔は僕が下書きしています。

しっぽで立つシリーズとしては、初のワークショップでしたが、写真のとおり、無事に仕上がりました。 ペイントは、お絵かきが苦手の方でも、塗り絵の感覚で出来ますので、ご安心ください。

(2016年10月2日)



拡大しました。

 9月29日にアップした、キルト芯を使ったくまさんについて、質問がありました。

羊毛フェルトと、どう違うのでしょうか、という質問ですが、全然違います。羊毛フェルトは、棉毛状のものを、ニードルで、チクチク刺して固めますが、これは、シート状の綿を張っていくものです。

 見た目は似ていますが、質感がもう少しわかるように、今回は、拡大してみました。少しは雰囲気が伝わりましたでしょうか?

 疑問に思う方、是非、僕が出展ている会場で、現物をご覧になってください。

(2016年10月1日)

 

 

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 東京
  わかります?


ニューフェースです。

 新しい製法で、ベアを作りました。

左の写真のシャーベット色のふわふわの子は、一見羊毛フェルトでできた、くまさんに見えると思いますが、実はキルト芯を染めて、石粉粘土に独自手法で貼り合わせています。

 なので、羊毛フェルトのように型崩れしませんし、羊毛フェルトでは出来ない、頭手足が動く人形が作れます。(写真の子は、頭手足が動くんですよ。)

 近いうちに、ワークショップを開催したいと思いますので、よろしく!

(2017年9月29日)

i-ppoたおか 田岡正臣 経堂 東京
もこもこでだけど、羊毛フェルトじゃないよ


アートフリマ参加

 昨日、世田谷アートフリマに参加しました。天気予報では、くもり時々雨の予報でしたが、雨にも降られず、多くの家族ずれが訪れ、小さな子供さんにも見て頂けました。

 このイベントは、今まで何度も、見に行っていたのですが、初めての出展で、見る立場と、出展する立場では、感じる印象もずいぶん違いました。

詳しくは、明日以降のブログで!

(2016年9月18日)

田岡正臣 i-ppoたおか  世田谷 経堂 ハンドメイド作家


箱入り娘

 明日、17日の世田谷アートフリマに出展する、箱入り娘たちです。

身長3~5cmのラドール(石粉粘土)製。

頭と手足が動くように作ったのですが、なにしろ小さいので、ひとりの子を作成するのに、けっこうな時間がかかりました。

その分愛着も沸いて、可愛い我が子、という感じ?

お客様に気に入ってもらえればいいのですが。

(2016年9月16日)



ぎゅうぎゅう詰め

 世田谷アートフリマに向けて、布製の大小様々なブローチを作成しました。

素材も、棉、麻など様々なものを使用して、それぞれの質感を楽しんで創りました。

このバスケットに入れたまま、アートフリマに出します!なにか楽しそうでしょ?

(2016年9月14日)



材料が沢山!

 一昨日、縁あって、人形作りをやめた方から、材料を大量にいただきました。。

写真はその一部。今は少なくなった、パンヤもあります。

創っていた方は、ご高齢だったので、今では販売されていないような貴重なものも沢山含まれていて、これをどう使おうか、楽しみです。

詳しくは、後日ブログで。

(2016年9月5日)



新顔たち

 布の2枚貼りで創った新作人形達。綿のつめ具合で、立体感を出しています。身長12~13cmくらい。

 しっぽを支えにして立っています。すべて布の上に直接、手書きでペイントしています。近いうちに、このタイプの人形の、ワークショップを開催しようと思っています。

(2016年9月2日)



極小に挑む

 最近、小さな作品にも挑戦しています。

写真のクマは、身長30mm程度で、頭と手足が稼働するタイプ。ラドールで制作しています。

50mm以下の作品を、世田谷アートフリマに何点か出展しようとして鋭意制作中ですが、それにしても眼が疲れます・・・。

(2016年8月29日)

i-ppoたおか 田岡正臣  くま 人形 経堂 ハンドメイド


ブルーベア婿に行く

 手芸作家 大澤美佐恵(ブランド名Tenuiya Miao)

さんから特注でオーダー頂いた、ブルーベアとお伴のブルーキャットが昨日、婿に行きました。

 ちょっと、名残惜しいかも。

 大澤さんの作品は、以下のブログでチェックできます!

 ameblo.jp/mrt-0704/

 

(2016年8月15日)

 

i-ppo たおか 田岡正臣 ハンドメイド テディベア 和紙 経堂


へん顔ベア

ベアの新作です。

思いっきり、変な顔にしようと、あれこれ工夫したのですが、意外にけっこうカワイイと言われています。

かなりしもぶくれです。

おそ松さんのだよーんのおじさん風をイメージし、ぶさいくと、カワイイの境界線をねらったつもりですが・・・。

(2016年8月7日)



たまにはブローチも

 展示会がある時は、バラエティを考えて、普段作らないものも、創ります。

 ブローチは、その一例。一昨日完成しました。

 自分がブローチをしないので、なかなか付けた時の気持がわからないのですが・・・・。

 これも、Bunkamura展示用です。

 (2016年7月23日)



カエル王子あらわる

 僕の作品展、展示会に来て頂いた方はご存知の、カエル王子の新作ができましたので、ご披露します。

 同じ子が現れないように、一匹ずつ表情を変えて、創ってます。左の王子がちょっと若いかな?

 25日からの、Bunkamuraイベントに登場予定です。

 (2016年7月14日)

i-ppoたおか 田岡正臣 カエル王子
右が兄、左が弟です。


麻でつくってみました。

 素材については、いつも色々と挑戦しています。

布地を使って、紙粘土に貼り合わせようと、試みているのですが、厚みのある素材は、重ね合わせの部分が目立って、あまり美しくありません。

 今回、ガーゼ状の麻布を使用して、くまを創ったところ、けっこういい感じで仕上がりましてので、ご紹介したいと思います。まだ試作段階ですが、さらに創り込んでいこうかな、と思っています。

(2016年/6月29日)

i-ppoたおか 和紙を重ねる くま 人形 紙製 テディベア
麻布を貼り、アクリルで彩色しました。


ドールフェスタ参加

  2016年ドールワールドフェスティバルに参加しました。

初日の午前中、とても大勢のお客様で、驚きました。自分が客として来ていた時は、大体午後からだったので、会場と同時に、お目当ての作家さんに突進するFANの方々を見て、さらに驚きました。

 今回は、1点1点の作品よりは、全体の世界観を、夫々の方がどのように工夫しているか、が気になるところであり、すでに自分の世界観を確立されている作家さんは、さずがにすごいな、と思った次第です。

やはり、客と出展者ではみるところが違ってきますね。

 来年も是非とも出展したいです。

(2016年/6月19日)

 

 

i-ppo たおか 田岡正臣 ハンドメイド作家 人形作家
緑の棚は自分で作りました(100均のスノコを流用)


ワックスドールについて

 僕の勝手な命名ですが、キャンドル素材で、動物を作っており、仮称「ワックスドール」と言っています。

シリコンで型を作り、少しずつ、色々な色のキャンドルを流し込んで作ります。

 これについては、制作過程が複雑で、自分自身安定したものが作れないので、体験コースも準備していませんが、独特の質感のものが出来上がります。

 温度調節とかが難しく、折れたり、溶けて流れたりしますが、作っていて楽しいです。なので、これも、ワークショップが開催できればいいな、と思っています。(2016/6月10日)

 

 

i-ppoたおか 田岡正臣 テディベア キャンドル ハンドメイド オリジナル 
僕に火をつけないで


ペーパードールって何?

 ギャラリーに掲載している「ペーパードール(以下PD)」は僕が命名したものです。

 PD=紙人形とすれば、もっと別の手法、例えば、紙だけで制作したものを指すのでしょうが。

 僕の言うPDは、紙粘土でかたどった原型に、和紙を重ねて貼っていき、質感を楽しむものです。

和紙と言っても、雲龍紙(また別の機会にご紹介します。)がメインで、下の色が透けて見えるため、透明水彩のような、重ね塗りに近い効果が出ます。

但し、眼だけは樹脂粘土+レジンで制作しています。

 三重、四重に和紙を重ねれば、とても面白い効果が得られ、けっこう奥が深く、じっくりと楽しめます。

 

 今は、テディベアを模した、手足、首が動くものをメインに制作しています。(2016/6月4日)

i-ppo たおか 田岡正臣 ハンドメイド作家 人形作家
和紙を何重にも貼り重ねていきます。