ハンドメイド通信

🐱このページでは、ハンドメイドやアートに関すること、新しい手法や新作などについて、速報をお伝えしす。ブログと重複することについては、こちらで速報をお伝えし、掘り下げてブログでお伝えしていきます。


怪しげなワニ

 抱きシリーズに初の、は虫類登場です。

どの程度受け入れられるか、SNSにアップしたところ予想外に人気を博したので、今後も作り続けようかな、と思っています。

 

(2021年10月5日)

持っていると、アリゲータ(有難い)いワニ君です。
持っていると、アリゲータ(有難い)いワニ君です。


チビチビコアラ

 チビチビシリーズについにコアラ登場です。

今までなんとなく避けていたコアラをついに作りました。

なんと、Instagramで1500件を超える「いいね」を頂き、最高記録を更新しました。

レギュラー入り確定です。

 

(2021年9月6日)

お菓子じゃないよ。コアラだよ。
お菓子じゃないよ。コアラだよ。


トイスケルトン

 教室の教材として、トイスケルトン(ぬいぐるみ用の骨格)を6月より取り扱っています。

抱きベアスタイルで、ポーズを変えられるぬいぐるみが制作可能です。

くわしくは、8月4日付けのブログを参照してください。

 

(2021年8月4日)

いろんなポーズができるよ
いろんなポーズができるよ


チビ抱きベア

 お陰様で人気シリーズになっている「抱きベア」に、ついにチビチビサイズが登場。

 今までも、何度か作ろうとしたのですが、ひっくり返すのが大変で、断念していました。今回日暮里で起毛した極薄の生地を発見し、シリーズに加えることに成功しました。先日の「おうちでドールワールド」に初登場した際も、好評でした。

 

(2021年7月11日)

 

僕らチビチビ三兄弟
僕らチビチビ三兄弟


おすわりベア

写真のベアは、おすわりタイプですが、シンプルな2枚はぎ(型紙を表裏2枚縫い合わせ)です。

何故手足が前に出ているかというと、帽子の芯が入っているから。この芯のすごいところは、縫えること。体の芯と手と足の芯をそれぞれ縫い合わせて立体的にしています。

 

(2021年6月15日)

最近太り気味なの
最近太り気味なの


さらにカッパが

チビチビシリーズにもカッパが登場。

このキャラ人気が高いので、調子に乗って、作ってしまいました。

とても小さいので、お皿と甲羅を作るのに苦労しました。

 

(20201年5月20日)

キュウリが欲しいよう
キュウリが欲しいよう


ひっくり返すの大変です

 お陰様で、抱きシリーズは、人気があるのですが、2枚はぎで中表で縫うため、起毛している生地は、あまり小さいとひっくり返せない、という限界がありました。ところが、教室のメンバーの方が、向こう側が透けて見える薄い生地で、かつ起毛しているものを見つけてくれて、ついに写真のサイズでも、ギリギリ作ることが出来るようになりました!

 

(2021年4月16日)

 

 

ゴミじゃないよ。クマだよ。
ゴミじゃないよ。クマだよ。


人気のカッパさん

抱きシリーズにカッパが参入。

なんだか、ずっと前からいたような佇まい。

お陰様で、SNSでもとっても人気者になりました。

 

(2021年3月2日)

そろそろ春だね~
そろそろ春だね~


手乗りシリーズだよ

チビサイズの鳥さん。

手乗りシリーズとしてスタートしました。SNSでの評判も上々なので、シリーズ化していきます。すでにSNSでは、このスズメの他、ヒヨコ、カラスが登場済み。今後はインコたちが登場します。足がオーブン粘土になって、しっかりと立っています。

 

(2021年2月17日)

チュンチュン。スズメのお宿はどこかいな。
チュンチュン。スズメのお宿はどこかいな。


今年の干支に挑戦

チビシリーズに新しい仲間が誕生です。

今年の干支、牛さんです。先にSNSにアップしましたが、Instagramでは、「いいね」が1,100を超える大人気となりました(Twitterでは260超)。

ちょっとビックリです。

 

(2021年1月4日)

 

 

今年もよろしくだモウ
今年もよろしくだモウ


ミニきつね

小さな5ジョイントのきつねさん。

左はノーマルきつねで右はギンギツネ。手のひらに乗るこのサイズで、色々な動物に挑戦していきます。制作時間は、大きいサイズの子達と変わらないくらいかかりますが・・。

 

(2020年12月15日)

どっちがお好みですか?
どっちがお好みですか?


これは一体何者?

 この子を見た人は、「これは一体何?」と思うようで、大抵動物の種類を聞かれます。

一応クマですが、クマの着ぐるみをかぶった謎の生物のようでもあります。

顔にはスムースという生地を使っています。ネイアニに出展して、人気があればシリーズ化したいのですが、どうでしょうか?

 

(2020年11月12日)

誰がなんと言おうと僕はクマだよ
誰がなんと言おうと僕はクマだよ


怪獣だぞ。

ゴ○ラ風の怪獣です。

顔は、糸を引いて凹凸を作っています。

淡いグリーンで染めた生地で制作した後、手染め(手でもんで染める)で制作したモノです(アルコールペンだと、ムラになってきれい塗れないので)

 

(2020年10月19日)

怒ると火ををふくぞ。
怒ると火ををふくぞ。


ニューフェース誕生。

以前から作りたかったアルパカです。

ネットで公開されているロシアの作家のキリンの型紙を参考に、寸尺をすべてアルパカ風に変更して、制作しました。

毛も、できる限りアルパカになるように、モコモコのものを選びました。

 

(2020年9月6日)

 

 

モコモコだよ。触りたいでしょ。
モコモコだよ。触りたいでしょ。


二本足で立ちます。

 細い足でも、二本足ですっくと立ちます。

実は、手足に針金が入っていて、手足の先は、fimoで制作しています(耳も)。こちらも、ずっと前から作ろうと思って、手を出せなかったものです。

今回やっと、完成しました。型紙は、結構特殊な作りになっています(教室メンバーには公開していますが。)

 

(2020年6月16日)

 

 

エヘン、どんなもんだい。
エヘン、どんなもんだい。


動物文化人形

以前から作ろうと思って、なかなか手を出せなかった動物タイプの文化人形です。ボンネット(帽子)のところで苦労しました。

 

(2020年5月5日)

ippoたおか  ぬいぐるみ  テディベア
キラキラ目なの


乙女なクマさん

 今月は、ハンドメイド通信に乗せきれない位、新機軸が増えました。5月以降随時紹介していきますね。

これは、乙女なクマさん。キラキラ目に、初めてスカートを履かせました。色々なところに新しい試みをしています。

さて、どれだけ人気が出るか。SNSで皆さんに聞いてみましょう。

 

(2020年4月30日)

 

ippoたおか ぬいぐるみ教室
私はレディなの。


2本の足で立ちます。

 イベントもなくなり、時間がたっぷりとあるので、久々に新しい型紙にチャレンジ。

かねてからペンディングのフルジョイントの鳥で、立つことができる子を作りました!

色々な鳥を作ってシリーズ化します。

 

(2020年4月7日)

ippoたおか 
アヒルだガア


ゾウさん登場

 久しぶりにフルジョイントのゾウを制作しました。

新たにビスコース(生地の名称)を買って何を作ろうかと思い、過去にゾウを作っていたことを思い出しました。

右の子をSNSにアップしたところ、時分でも驚くくらい、すごく好評でした。今後は定番にしていくつもりです。

 

(2020年3月22日)

ippoたおか ゾウ  テディベア
久しぶりだゾウ


仮面シリーズ再び

ピエロに続いて、正義の味方、ニャンコ仮面が登場。

どんな仮面をかぶせようかと想像するのは、とても愉快で楽しいです。

イベントでのお客さんの反応が楽しみです。

まずは、3月の恵比寿が初登場になりそう・・。

 

(2020年2月21日)

ippo
スーパーヒーロー、ニャンコ仮面


ラッコ参上

 時々チビシリーズに新しい動物を追加してきましたが、次になにを作ろうか、いつもを悩ませます。

今回はラッコ。手にハマグリを持たせました。果たして人気が出るか。

 

(2020年1月4日)

この貝は誰にも渡さない。
この貝は誰にも渡さない。


店長を紹介します。

 最近のイベント会場で、「i-ppoたおか」店の店長として張り切っているショコラさん。

たくさんの子たちをでお客様のところに、送り出しています。

イベントで見かけたら、声をかけてね。

 

(2019年12月5日)

私、頑張ってるから
私、頑張ってるから


ピエロの仮面

 仮面をかぶったクマさんシリーズです。

第一作は、ピエロの仮面。まずは幽玄展でお披露目します。いろいろな仮面をかぶせていこうと思ってます。

 

(2019年11月5日)

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並 ネコ
ジョーカーじゃないよ。


犬シリーズスタート

10月14日からの「二人展」をきっかけに、ワンコのぬいぐるみの制作を始めました。

しばらく展示会なので様子を見て、今後作り続けるかどうか、決めたいと思います!

 

(2019年10月6日)

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並 ネコ
トイプードルの兄弟