時間の不思議

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
むっちりインコです

いよいよ次のイベントが迫ってきました。

122日に浅草で開催される、「アニマルネイチャーワンダー」です。

前回のイベントから約3カ月空いたわけですが、有難いことに、大体計画通りのペースで制作出来ました。

自分だけかもしれませんが、23カ月程度の期間でやりたいことを計画すると、大抵の場合、思ったより早く仕上がって、後半には若干の余裕が出来ます。

ところが、これが1年以上のスパン、特に3年以上の間でやりたいことを計画すると、もう全くと言っていいほど時間が足りなくなるのです。やりたかったことが、あれもこれも、中途半端になっています。

短期で考えた場合、余裕が出るのに、長期の場合、全く時間が足りなくなる、というのが長年の疑問でしたが、最近この謎がとけました。

つまり、こういうことです。

創作する場合、2カ月程度先のことなら、週どれだけ創作に時間を割けるか、おおむね正確に見積れます。しかも、想定外の用事が発生することを見込んで、予備の時間も確保します。この予備に割いた時間が、最終的に余裕となるようです。

では、長期では何故、時間が足りなくなるか。

数年のスパンで、創作に関して、あれをやろう、これをやろうと思った場合、漠然とですが、どうやら、365日殆どすべてを創作に充てると考えて計画を練っているようなのです。

同時に、ウクレレは数年たてば、これくらいは出来るだろう、ここ数年で見逃した映画を3年以内にDVDで制覇しよう、あの作家の本を読破しよう、〇をしよう、△に行こう、と創作以外にも、やりたいことを、同時にあれやこれやと計画しているのです。

しかも、それぞれやりたいことを、別々の時間に考えているので、どう考えても、無理なことをやろうとしているのです。

思えば、うんと若い頃も、色々やりたいことがあって、それぞれに夢を膨らませていたのですが、結果として出来たことは、ほんの僅か(若ければ若いほど、トータルの時間が見えないので、この罠にはまりやすいと思います。)。

恐らく、僕が残りの人生でやろうとしていたことも、残された時間ですべて実現するのは難しいのでしょう。

 

そこで結論。月並みですが、1365日というカバンの中に、やることを詰め込む場合は、一旦やりたいことすべてを洗い出して、大事なものから詰めていき、パンパンになる手前で、残りのやりたいことは、清く諦めよう、と最近思い始めました。

かわいいvsかっこいい

かっこよくて、かわいくて、しかもオシャレ
かっこよくて、かわいくて、しかもオシャレ

僕が主として制作しているジャンルは「ぬいぐるみ」「テディベア」ですが、この世界では、かわいいことは正義だ、みたいなところがあって、取り敢えず誰かの作品を褒めるときは、かわいいと言っておけば、間違いない、といっても過言ではありません。

でも、他のジャンルでは、かわいいと同じくらい、かっこいい=スタイリッシュという価値観があります。

僕は、イラストレーションが大好きで、国内外を問わず、イラストレーターの作品を鑑賞するのを常としていて、インスタでもたくさんのイラストレーターをフォローしていますが、強く惹かれるのが、スタイリッシュでオシャレな作家です。

「ああ、カッコいいな、素敵だな」「洗練されているな」と思います。では、ぬいぐるみやテディベアの世界で、スタイリッシュで洗練された作家が日本にいるだろうか、というと、ちょっと思いつきません(僕が知らないだけで、いるかもしれませんが。)。

大体、日本で、かわいさを拒否した人は、ダークな雰囲気に行くので、ちょっと暗めで陰気な作風になるようです(敢えて作家名は伏す。)。

でも、ダークな作風が好きな人は一定数いるので、これらの作家さんには、根強いファンがついているようですが・・・。

でも、海外では、時々、ハッとするような、スタイリッシュな作品をみかけます。

かっこよく、かつカワイイ、という作品もあります。

思わずうーんと唸って、何故日本では、こんな作家がいないのだろう、と思うのですが、日本にも、スタイリッシュな作品が好きな人もいると思うのですが・・・。

僕の中には、「オシャレ感溢れる、スタイリッシュで、かっこいいぬいぐるみ」に対する憧れがあって、いつか、挑戦してみたいな、と思っています(その時は、ブランド名、名前を変えて出そうかな・・・。)。そこに多少のかわいさも感じられれば最高だな、と思います。

 

もし、誰か、日本でおしゃれでスタイリッシュな作風の作家さんがいれば、是非教えてください。

0 コメント

夢想する未来

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
ちっちゃいヒヨコ

ギリシャやローマの市民文化は、奴隷に支えられていた、ということを、どこかで読んだことがあります

ルーティーンな日常の労働をすべて奴隷にまかせていたので、市民に時間的・経済的な余裕が出来て、文化・芸術やスポーツが発展した、ということです。

中世以降の西洋の芸術や文化も、基本的には貴族の時間的経済的余裕から生まれたものだという説もあります。

そんなに遠くない未来、AIが発達し、ルーティーンな労働・作業をすべてAIやロボットが担ってくれたら、殆どすべての人が、「好きなことを、好きな時に、好きなだけ」出来るような世の中になるかも、と時々、夢想することがあります。

その時、世界の文化、芸術、スポーツは、もっと裾野の広い、誰もが生涯を賭けられるようなものに、なっていればいいな、と思います。

今、社会に出る前の若者達が夢見る様々な職業・仕事は、一握りの運と才能に恵まれた人だけのもので、それをいつまでも追いかけていると、「世間知らず」と言われます。

でも、例えばアートに興味があるすべての人が、鑑賞(購入)や創作する時間・経済的余裕がある時代になれば、アートはもっとカジュアルで、身近なものになるのでは、と思います。

お互いがお互いの創作物を鑑賞・購入すれば、アートのパイは無限に広がり、身近でカジュアルになり、もっともっと多くの人が、好きなことで食べていける時代が来ます。

実は、今もインターネットの恩恵で、以前からは考えられない位、「好きなことを、好きな時に、好きなだけ」できる機会・チャンスが増えています。

このことに気がついている人が次第に増えていると思います。

同調圧力の強い日本社会ですが、ほんのちょっとした勇気があれば、すでに、僕が考える近未来と変わらない世界に今すぐ住むことも、不可能ではない、と10代、20代の人達には言ってあげたいな、と思っていますが(果たしてどれだけこのブログを若い人が読んでくれているでしょうか・・・)。

 

 

教室について2

ブーブー
ブーブー

前回に引き続き、教室の運営について。

教室を開催するなら、自分が過去に色々な教室に通って感じた不満点を解消できるものにしたいな、と常々思っていました。

まず、大切なのは、通いやすさ(駅から近い、というのは前回書きましたので、これも重要なポイントだと思います。)

決まった曜日の、決まった時間帯では、自分がとても通いにくかったので、各人が、自由な曜日の好きな時間帯を任意に選べるシステムにしました。

次に比較的安い受講料であることと、受講者に余計なものを買わせないこと(教室によっては、教室が用意したちょっと高めの教材を買わせるとことがありました。)。

受講料もチケット制にして、急遽キャンセルがあったとしても、キャンセル料を頂かないことにしました(月謝で前払い制のところは、キャンセルは自己都合とするところが多かったように思います。)。

そして、一番重要なものは、カリキュラム。

教室によっては、きちっとしたカリキュラムで、段階ごとにステップアップしていくところが多かったのですが、自分の場合、そこは省きたい、スルーしたい、先にこっちがやりたい、と自由度の高い教室が好きでしたので、絶対カリキュラムに囚われないスタイルで行こう、と思っていました(勿論、きちんとしたカリキュラムでやってほしい人がいることも承知していますが。)

ホームページ上は、カリキュラムらしきものも載せていますが、現実的には、殆ど、一人一人の要望を最重要視しています。

なので、誰が何をやっているか、を把握するのが一苦労で、時々、AさんとBさんの進行内容を間違えることもありますが、取り敢えず大きなトラブルなく今日に至っています。

ノートにも記録していますが、本当に一人一人やることが違うので、頭の中が混乱します(そこが楽しいのですが。)

最後に、HPにも、作家を目指す方に最適の教室と書いてある通り、来る人皆に、人前で発表することを勧めていますので、来られる方の多くが、作家希望というのが、現状です。

 

夫々の夢をサポートするのがとても楽しく、皆さんの将来が楽しみです。

教室について1

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
なんかダルイんだけどな

おかげさまをもちまして、ハンドメイドの教室を開催してからなんとか無事に、2年が経過しました。

今回は、2回にわたり、教室の運営について書いてみます。

このブログをご覧いただいている方の中にも、将来教室を開きたいな、と思っている方がいらっしゃると思いますが、少しでも参考になればと思って書いています。

教室を開催するにあたって重要なポイントは幾つかありますが、まず、最初に立ちはだかる問題が、開催場所です。

自宅で開催場所が確保できるならば、おそらくそれがベストでしょうが、鉄道の駅から徒歩7分以内(理想的には5分以内)で、家族の了解が得られる人は、少数派でしょう。

僕は数多くの教室に通いましたが、駅から遠いと、長く通うのは厳しいです。

しかも、何か運営上トラブルがあったときは、自宅だと逃げようがないですし、プライバシーが制限されるので、かなりの覚悟が必要です。

僕の場合は、駅から若干遠い(10分)こと、家族のことを考えると、土日の開催が難しいことから、早々に断念しました。

次に、レンタルのスペースを借りるか、賃貸で部屋を借りるか、という選択になります。

資金が潤沢なら、もう賃貸一択なのですが、最初から毎日開催できることは不可能に近いので、開催当初しばらくの間なら、レンタルスペースもありかな、と思います。

ただし、僕も、開催前は、何度かレンタルスペースを借りて、ワークショップを開催しましたが、レンタルスペースには教室として利用する場合、大きな問題があります。

参加者の人数にかかわらず、一定料金を支払う必要があり、参加者が少ないと、毎回持ち出しになることです。

見込み通り参加者が集まるか、常に心配しないといけないので、個人的には、最初金銭的なリスクがあっても、精神衛生上、賃貸(アトリエスペースとしても使えますので、当初赤字でも、長い目で見れば、絶対お得です。)で借りることをお勧めします。しかも、大抵のレンタルスペースは、資材を置いておく場所がありません。

あとはなるべく安い賃貸物件を探す、ということだけです。

僕の場合は、運よく1カ月ほどで理想的な物件にあたりましたが、焦らず、諦めず、半年~1年計画で物件を探すことをお勧めします(物件は、自宅から近い方がなにかと便利ですよ。)

 

次回は、教室のシステムについてお話ししたいと思います。

0 コメント

新しい試み

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
母ちゃんお腹すいたよー

作品を制作する場合、過去の自分の作品の色や素材の変更、あるいは、(耳や目など)部分的に変更することは、いつでもやります。

今までの手法で、動物だけ新しくするのは、それほど困難なことでもありません(特殊な形をした動物は、全く新しい発想が必要になってきますが。)。

しかし、根本から新しいアイデアを形にする場合は、失敗や手戻りがあるため、イベント間近には、作品数を揃える必要があるので、なかなか出来ません。

今年は、4月から9月の頭まで、イベントラッシュであったため、色々思いついたことを形に出来ないでいました(特に6月から9月の頭にかけての3カ月間は、我ながら呆れるくらい、ただひたすらに制作していました。)。

次のイベントは、12月の頭なので、今回、約3カ月空いたおかげで、9月初旬から、今日まで、三つほどの新しい試みに、集中的に取り組むことが出来ました。

そろそろチャレンジもこれくらいにして、来週から、次回のイベントに向けて、作品を貯めていく必要がありますが・・・。

過去のブログにも書きましたが、この新しい試みが、実は創作行為の中で、一番面白い箇所で、今回も、本当に楽しんでやりました。12月のイベントで、どれだけの方に受け入れられるか本当に楽しみです(すでにインスタで、ある程度の反応を得ていますので、予想はつきますが。)

勿論、新しい試みは、常に失敗やり直しも多くあり、苦労も多いのですが、それを上回る楽しみがあるので、毎回苦しいことも楽しみの一部になっています。

 

何年たっても作風が変わらない、というのも、安定感があり、魅力の一つになるのでしょうが、僕自身としては、常に、「3年経てば作るものがすっかり変わっていた」と言われるようでありたいな、と思います。

0 コメント

アートへの興味

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
親子?似てないけど

世の中にはアートに興味がない、という人達がいます。

ではどれくらいいるか、というと見当もつきませんが、音楽はバックグランドミュージック、絵画や造形物は、飾り・装飾品、文学や映画は、物語、ストーリーを追って楽しむもの、それ以上の価値はない、と思っている人は確実にいます。

 もちろん、必要以上にアートに興味がわかないことに対する恩恵・メリットも多いと思います。

アートが人並み以上に好き、ということは、頭の良さではなく、感受性、感性の問題です。

鋭い感受性というのは、概ね生きて行く上ではやっかいな荷物です。

トーマス・マンの「トニオ・クレーゲル」の主人公に共感を覚える人なら、この「やっかいさ」には、きっと頷けると思います。

感受性が鋭くない分、図太かったり、強気だったり、素直だったり、裏表がなかったり、さっぱりしていたり、あっけらかんとしていたり、良い面は幾等でもあるのですから。

アートだけでなく、人生は等価交換の法則が成り立っていますよね。何かが少なければ、何かが多い(増える)。おそらくアートに興味がない人は、その喜び、楽しさ、深さを生まれた時から知らないのですから、特段の不都合はないと思います。

その分、生きていくうえで、力強さを持っているし、別の楽しみを持っていると思います。しかも、生涯一度も経験しない感情や、喜び、楽しみは、その人にとってはこの世に存在しないものに等しいのではないでしょうか。

僕は、自分自身にとって、アートは人生の花、アートがあってこその人生と思っていますが、アートに価値を求めないからと言って、その人が生きて行く上で損している、とうことは絶対に無いと思いますね。

実際、アートがなくても、生きていく上では、全く困らないのですから。

(でも、僕は、アートが好きな自分で良かった、といつも思います・・・。ちょっと傲慢でしょうか。)

 

 

0 コメント

梱包について

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
こんな感じです

ネット販売を始めようと思って、実際に着手するまで1年半かかってしまいました。

理由は色々あるのですが、その中の一つに梱包をどうするのか、という問題がありました。

実は、今回ネット販売するまで、時々、ホームページやインスタに掲載した写真の子を譲ってほしいと、メールで頼まれたことがあって、何度か送ったことはあったのですが、かなりいい加減な梱包で送っていました。

箱は、アマゾンやヨドバシ。プチプチで作品を包んで、送っていました。

今考えると、冷や汗ものですが、準備する時間がなく、その都度慌てて送っていたので、まあ、お客さんも勘弁してくれるだろう、と甘く考えていました。

今度は、そういう言い訳は出来ないので、購入された方が、箱を開けた瞬間に心地よさを感じるように出来れば良いな、という思いで、1カ月前から、あれこれ考えました。

まずは、梱包材。プチプチなどは、アマゾンなどと変わらなくなるので、多少経費と手間暇がかかっても、良い、と思い、英字新聞をシュレッダーにかけたものを選ぶことにしました。

ところが、英字新聞が手に入らない。ネットで売っていますが、大量に買うことになるため、何か良い手はないか、と考えた末、使わなくなった英英辞典を使うことにしました。

実は、厚さ、大きさが、手動のシュレッダーにぴったりで、まさにドンピシャという感じでした。思っています。作品がパッと箱を開いたときに見えるよう、透明の紙で包み、周りにポプリを施し、メッセージカードを添えることにしました。

箱を開けた瞬間に、ポプリ(バラの香り)が匂うので、きっとお客さんに喜んでもらえるだろう、と自画自賛しております。

ポプリは100均で売っているもので充分で、10回分位使えそうです。

箱は、作品の大きさに併せて何種類か選べるようにしました(アマゾンなどのように、小さな商品が大きな箱に入っていると興醒めするので。)

色々な大きさの箱を売っているショップをネットで探したけれど見つからず、諦めかけていたら、なんと家から近い、三軒茶屋に実店舗があったので、色々現物を見ながら選ぶことが出来ました。

 

当面、梱包については、今回考えたスタイルでいこう、と思っています。

1 コメント

販売のスタイル

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
お父さん、あの人 こっち見ているよ

ハンドメイド作家が自分の作品を売るにあたっては、様々なスタイルがありますが、夫々について、思うところを書いてみます。個人的に最もふさわしいと思うのは、展示会や個展などで、お客様と対面して販売する方法。

何故これが一番良いかというと、直に作品に対するコメントをたくさん聞ける、どのような方に買って頂けるかわかる、お客様の要望も直接聞ける、他の作家との交流を図れる、等々メリットが沢山あります。

また、コアなファン層が来るため、作品を並べることで、宣伝効果も大きいと思います。

但し、大都市周辺に住居がないと、泊りなどで参加したら、コスト高になってしまうという大きなデメリットがあります。行き帰りの時間も馬鹿にならないため、大都市、特に東京周辺に住んでいる方には大きなアドバンテージがあります。

東京近辺では、1年中どこかで展示会、イベントが開催されており、自分の作品のジャンルに合った展示会を選択できます。

次にネットで売る方法があります。

これも実に様々なスタイルがあり、ミンネやクリーマのようなマーケットプレイス、SNS、ホームページ、ブログ、フリマなどで売る方法などがあり、まさに百花繚乱といったところ。

夫々にメリットデメリットがあると思いますが、未体験のものが多く、是非のコメントは差し控えますが、対面販売だけだと、自分の住む地域から離れた方に販売できない、という大きなデメリットがあります(サイトやSNSの器が大きいと、大変な宣伝効果がある、というメリットがあると思いますが、あまり手を広げすぎると収支がつかなくなると思います。)。

自分の場合も、ホームページやブログ、インスタなどで、作品を買いたいがどうすればいいか、というとう問い合わせを時々頂き、対応に苦慮していました(ようやく、9月中にHPSHOPPINGページを開設し、この問題はひとまず解決しました。)

次に、実店舗に委託販売をお願いする方法。

今も数か所にお願いしていますが、作品の展示数に限界があること、委託手数料が馬鹿にならないこと、お客さんの顔が見えないこと、その店舗に訪れるお客様にだけに見てもらうので、広告宣伝効果は薄いということがあり、今後大幅に委託販売を広げようとは思いません。

 

(個人的な)結論としては、展示会・イベント中心で販売し、展示会・イベントに来場出来ないようなお客様に対して補完的にネット(HP+もう一つ別の方法)で販売する、というスタンスでいこうかな、と思っています。

0 コメント

ネットSHOPPING始めました。

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
今回のラインナップです

以前からオンラインショップの開設を計画していましたが、重い腰を上げ、今日920日から、ホームページに「shopping」ページを設けて、ネット販売を開始しました。

これからも、体力が続く限り、販売のメインは、展示会出展中心で行きたいと思っているのですが、インスタや、展示会で、ネット販売してほしいという、お客様からの要望があり、月1回程度(場合によっては2カ月に1回になるかも)は、内容を更新して、ネット販売していくことにしました。

特に、東京から離れたところにお住まいで、僕の作品が欲しいという方には、随分、お待たせをしてしまい、申し訳ないことをしたと思っています。

計画してから、なんと1年以上が経過してしまいましたが、いざ準備をしようと思うと、送料のこと、包装のこと、支払い方法のこと、どこで出すか(クリーマ、ミンネ、ヤフオク等)、宅配業者を何処にするか、などなど色々な問題があり、考えていると、頭の中で整理できなくなってしまい、棚上げ状態で、延び延びとなってしまいました。

このままではいけない、と思い、先月、Instagramで、9月中旬に、ネット販売することを予告し、もう自分が逃げられないようにして、やっと本気モードで、ホームページの

改定に取りかかることが出来ました。

その後、「9月中旬が楽しみだ」というインスタのコメントやDMを頂き、プレッシャーの中で、なんとか完成した次第です。

色々悩んだ結果、完璧は諦めて、ホームページ内にshoppingページを設け、送料は一律、包装も簡易にし、支払いは振り込み一択、配送は定形外郵便の簡易書留(これにすると、全国一律の金額で配送できる。状況に応じユウパックを使う。)にしました(今後、ミンネやヤフオクに行く可能性もありますが。)。

拙い、使いにくいショッピングページですが、気になった方は、どうぞ覗いてみてください。

 

(自分のホームページにshoppingページを設けるなど、至難の業かと思っていましたが、夢中で取り組んでいくと、思ったより遥かに簡単に出来たことに、驚いています。)

0 コメント

作品の値段について

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並 ネコ
目つき悪いなあ

ハンドメイド作家にとって、悩ましいことのひとつに、作品の値段をどう設定するか、という問題があります。

多くの人は、販売を開始する時、すでに活躍している同ジャンルの作家を参考に、同程度の価格か、それより少し安い価格をつけているのではないでしょうか。

通常の商売では、原価に利益を乗せます。

自分の1時間当たりの作業単価(世間相場)に、かかった製作時間を掛け、それに材料費に幾ばくかの利益を乗せる、というのがビジネスの常識ですが、ハンドメイド系の作家がこのスタイルで価格設定した場合、かなり高額になってしまいます。

大体の作家は、自分の作業単価を計算しておらず、赤字にならないよう、原価に少し利益を乗せる程度で価格設定しています。

それでも、ハンドメイドに馴染みのないお客さんは、大量生産のプロダクト品と比較して、なぜこんなに高いのか、と思うようです。

まあ、実際に買って頂くのは、ハンドメイドの何たるかを理解している方なので、どう思われようが、構わないのですが。

僕の場合、まだまだマニア層には知名度が低いと思われるので、多くの覚えて頂きたいために、少し安目の価格設定をしています。

よく「自分が買ってもいいと思う値段をつけろ」という方がいますが、そういう観点からみれば、現時点の自分の作品は、まだ高いかも、と思う時もあります。

このブログを読んでくださる方に正直に告白しますが、今後は、お客さんの反応を見ながら、色々付加価値をつけていって、少しずつ値段を上げていきたいな、と思っています。

何故なら、安い値段の作品は、それなりの扱いしかされないからです。

時々、趣味でやっているからという理由で、とんでもない安い値段(一般的な価格帯の半値以下。)で販売している方がいますが、これは市場を荒らすだけではなく、その方の作品の価値も下げていると思うのですが、どうでしょうか。

逆にとんでもない高額な価格をつけている方もいますが、買う方がいる以上は、その方にとって全く問題ない、と思います(買う方がいなくても周囲に悪影響はないと思います。)。むしろそういう方が、市場自体の価値を上げてくれるので、素晴らしいことです。

 

1点ものなら、心底気に入った方にとって、値段など関係なくなるは思うのですが、作り手にとって、価格を上げていく、というのは、とても勇気がいる行為です。

0 コメント

作品の大きさ

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
小さい子も作ってますよ

前回に引き続き、「U15ABC」に関連する話をします。

U15ABCは、身長(高さ)が、15cm以下のぬいぐるみ・テディベアに限定した展示会でした。

15cm以下とはいっても、実際はほとんどが10cm以下のミニサイズが主流ですが・・。

自分のように普段20cmサイズも作っている、という人はむしろ少数派で、小さめのサイズをメインに作っている方が集結したという感じのイベントでした。

但し、小さいといっても2種類あり、23cm程度の極小サイズと、510cmのサイズに分かれていたようです。

(僕は、今回の出店にあたって、10cmから、ギリギリ極小サイズ一歩手前の4cm程度の作品まで制作しました。)

しかも、極小サイズに特化している人は、ムシメガネで見ても粗が目立たないような、精巧な作りの方が殆どでした。

制作過程を聞くと、たとえ2cmでも、いや2cmであるからこそ、その苦労は大変なもので、10cmサイズのものより、遥かに時間がかかることがよく理解できました。

一般的な作品の価格帯も、68cm辺りが底で、それより小さくなると高くなっていくのも、当然のことといえるでしょう。

また、10年以上前から、45cm程度の小さいサイズを作るようになった、ある作家さんから聞いた話ですが、自分は真似しているわけではないのに、〇〇さん(凄く人気がある方)に似ている、真似している、と言われることが続いたことで不愉快になり、作風は変えずに、サイズだけを思い切って小さくしたら、一切言われなくなった、とのことでした。

お客さんも、サイズを個性と考えているようです。

自分としては、素材も、モチーフも、大きさも一切こだわらないで、自由に作っていきたいと思うのですが、作っていて一番楽しいのが20cm前後のものです。

何故なら、色々な工夫や実験的アイデアを、作品の中に盛り込めるから。

小さくなればなるほど、工夫やアイデアを作品に落とし込むのが、とても難しくなるようです。極小サイズをメインに制作している方数名からお話を聞いた感じだと、小さく作ること自体に、喜びを感じていることがわかります。

性格的に向いていない人には苦痛になると思うのですが(僕もあまりに小さな作品の制作には苦痛を感じると思います。)

 

 

0 コメント