バスキア展

前澤氏所有の絵
前澤氏所有の絵

本日、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されているバスキア展に行ってきました。

 

バスキアについては、ネット検索すればいくらでも情報があるので、来歴などは省略して、展覧会の印象だけをお話します。

あと2日で展示会も終了するためか、会場に入るまで、物凄い行列でしたが、中は思っていたよりも混雑していなくて、余裕で鑑賞できました。

バスキアの絵は、わかる、わからないではなくて、感じるか感じないかだと思いますが、いたく感じた作品がある反面、殆ど子供の落書きとしか思えないような作品もあり、少し混乱しました。例の、ゾゾタウンの前社長前澤氏が123億円で落札した絵の前では、黒山の人だかりでしたが、あの絵よりもっとビビっと感じる絵が沢山ありました。

 

普段の他の展示会と違って、入場者は圧倒的に若い世代が多かったのですが、まあこれは予想通りでした。ポップなスタイルと色使いが若い世代の感性を刺激するのでしょう。色彩感覚も、本当に素晴らしいと思いました(特に黒の色使いが。)。

バスキアが天才であったのは間違いないのでしょうが、ネットで調べたところによると、デッサンの基礎もなく、この辺りはピカソと違うところです。

 

今回、一番感じたのは、アートが残酷であることでしょうか。

才能がないと、どんなに地道な努力を積んでも、バスキアのような画家にはかわないな、ということ。これは音楽など他のジャンルにも言えることであり、たかが(と敢えて書く)ハンドメイドの世界でも、才能の差は歴然としています。

 

ただ、ハンドメイド辺りだと、職人技も大いに関係してくるので、努力が報われる部分も充分あるのかな、と思います(職人技は費やした時間に比例して上達すると思います。)。

 

最近は、天才と発達障害の関係もあれこれ言われているので、才能と引き換えになにかを失っている、と考えれば、才能に恵まれない側の人間としては、ホッとします。

0 コメント

技術の向上

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
子沢山のくまさんです

教室に通われている方は、みなさん一様に、「早くうまく作れるようになりたい」とおっしゃいます。その時の僕は、必ず「うまく作るより、素敵(魅力的)に作る方が大事ですよ。」と答えます。でも、高い技術と魅力的な作品は、トレードオフの関係にないので、両方あった方がいい、という人もいます。

 

この話が出ると、必ず思い出すのが、本物そっくりに描かれている「スーパーリアリズム」の絵画です。個人的には、あの手の絵はあまり好きではないし、技術やテクニックの無駄使いだと思います。

僕の作風から察してお分かりだと思いますが、僕は、圧倒的に、作者の世界観、個性を重視します。

 

しかし、ここが肝心なのですが、自分が表現したいこと、やりたいことに、技術やテクニックが必要なら、やはり技術やテクニックは必須だと思うのです。

表現したいことに、高度の技術や、うまさ、熟練の技が必要ないなら、あえて技術やテクニックは必要ないと思いますが、但し、自分の技術やテクニックを磨くことを怠って(楽をして)、意図的に安易な作風に流れるのは、やはり、一種の逃げだと思います。

 

まとめると、「自分が目指すもの、表現したいことに、技術の高さが関わることもあるので、技術や手テクニックの幅を広げ、精進することは無駄ではない。」というのが、僕の結論です。

 

 

ちょっと回りくどい表現ですが、今後も、うまく作っていること以外に特徴がない作品は、出来る限り作らないようにしたいと思います。

0 コメント

カナダからのお客さん

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
Aprilさんありがとう。

先日、当教室に、初の海外からのお客さんが来ました。

とはいっても、ワークショップに参加した訳ではなく、僕の作品を買いに、わざわざ教室まで来られたのです!

 

Aprilさんというカナダ国籍の方で、今年の3月に僕がアイドールに出展したときに、作品を買ってくれたのですが、その後InstagramDMから、もっと作品を買いたいので、カナダまで送って欲しいとお願いされたのです。

 

原則、日本以外の販売は行っていないので、丁重にお断りし、もし日本に来たら、連絡頂ければ、その時は販売させてもらいます、とお答えしたのですが、すっかり忘れたころ、「来日するので、売ってほしい」との連絡が来たのです。

教室まで来てくれたらお売りしますと返事したところ、必ず行きます、との返答がありました。

 

約束の日、時間になっても来ないので、心配していたら、その時に世田谷区の用賀で開催していた「二人展」開催のカフェの方に間違って行ってしまったとの連絡が入りました。

実は、教室の住所をAprilさんに送っていたのですが、タクシーの運転手が、その住所には何もない、間違っている(教室は、アパートですので、地図には、何の表示もない。)といったので、ホームページに記載のあった、「二人展」が開催されている場所を運転手に見せたら、そこに間違いないと言われて、誤って行ってしまったとのこと。遅くなってもいいから、待っているので来てください、とお願いし、約2時間遅れで、Aprilさんが到着しました。4点ばかり買って頂き、とても楽しい時間を過ごしました。

 

今回の来日の目的は、大阪開催のアイドールに行くことだったそうですが、台風のため、中止になったとのことで、とても気の毒だったと思います。Aprilさんは、リカちゃんのコレクターで、時々日本のイベントに来て、リカちゃんグッズを買って帰るそうです。

 

帰り際に、APRILさんは、次回来るときまでに、日本語を覚えて、ワークショップに参加したい、と言っていました。本当でしょうか?

(なお、このやりとりは、お互いに、すべて、スマホの翻訳機能で行いました。僕、満足に英語が出来ませんので。)

 

(注)普段教室では、作品の販売は行っていません。

0 コメント

いよいよ二人展

雰囲気のある店内です。
雰囲気のある店内です。

 明日14日㈫から、20日㈰まで、世田谷区用賀のカフェcrumpets(クランペット)で、tokitokiさんと、二人展を開催します(販売もしています。)。

先ほど、閉店後に搬入を済ませてきたところです。

 

 店名の由来となっている「クランペット」は、イギリス風のパンケーキで、紅茶にとってもよくマッチした食べ物です。

 

作品点数は、各自20点程なので、ミニ展示会なのですが、このお店の雰囲気を味わうだけで、おいで頂く価値がありますよ。

 

 Tokitokiさんの作品は、すべて10cm以下のサイズで、小さいのは4cm以下のもあり、とても愛らしい作品が並んでいます。

ミニサイズ好きの方は、見逃す手はないと思います。

 

tokitokiさんのチビちゃん達
tokitokiさんのチビちゃん達

犬を飼っていらっしゃる方は、犬同伴でもOKですので、ワンちゃんといらして下さい。

お店のオープンは、11時半です。火曜日はお休みなので、気をつけてくださいね。

(お店に入られたら、飲み物お食事のワンオーダーもお願いします。)

 

 

お店の所在地 世田谷区中町5-31-8 田園都市線用賀駅から徒歩12分。

0 コメント

犬について

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
キツネじゃないよ。チワワだよ。

先日、ホームページのNEW欄でお知らせしたとおり、1014日から20日の間、世田谷区用賀のカフェ(詳しくはNEW欄をご覧ください。)で、教室の卒業生と二人展を開催します。このカフェが、犬同伴OKで、犬好きが集まるお店のため、犬関連の雑貨を常設販売しています。

お店のオーナーにも、犬のぬいぐるみを出展するようお願いされたのですが、今まで殆ど作ってこなかった(陶器ではごく僅かだけ、作っていました。)ので、一旦お断りしました。

でも、これも何かの機会かも、と思い直し、トイプードル、ダックスフント、チワワを作りました。

 

大いに楽しんで作ったのですが、ネコと違って、犬種間の特徴を捉えるのが難しく、特にチワワは苦戦しました。

どうしても、キツネっぽくなってしまうのです。

 

今まで犬を作ってこなかった理由は、犬種が多く、すべての犬好きの要望に応えられないから、と自分では思っていたのですが、今回作ってみて、実は別のところに理由があるのがわかりました。

猫は飼った経験があったのですが、犬は飼ったことがなく、果たして自分が作ったものが、犬好きの眼に、どんな風に写るのか、制作している時、この点が実に不安でした。

なので、作ったものを犬好きの方に見てもらい、意見を聞いたりしました。

 

何匹も犬を飼った人は、犬をどう見ているのか、これが全く分からないので、この無意識の不安が、自分を、ワンコの制作から遠ざけていたことに気づかされました(それ以外の動物は、飼っている人の気持ちは、あまり気にならないようなのですが。)。

 

 

普段、犬にあまり興味がなく、散歩中のワンコをじっと見つめることもない(ニャンコは絶対凝視してしまいます。)のですが、好きな犬種もあり、フレンチブルドッグとブルテリアは、いつか機会があれば作ってみたいな、と思っています。

0 コメント

作品の毒について

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並 鳥
親子でそっくり

ぬいぐるみや、テディベア人形など、自分以外の人の作品を鑑賞する場合、どうしても、少し毒のある作品に惹かれます。

 

正直、どんなに可愛くても、可愛いだけの作品には、強い魅力は感じません。

晴れ渡ったような、爽やかな作品も、気持ちが洗われて、見ていて気持ちがいいものですが、いつまでも見ていたい、家に連れて帰りたい、とは思いません。

どこか陰がある、作者の隠しておきたい暗い部分が、作品の強烈な魅力になっている作家には、憧れがあります。

 

以前、毒のある作品がメインに出展される有名な某イベントの主催者に対して、出展を希望したところ、「あなたの作品には毒がない」と言われたことがあります。

実は、陶器作品をメインに作っていた頃は、周囲から毒気のある作品を作ると言われていたのですが、いつの間にか、すっかり毒気が抜けていました。

今、少しずつ毒を注入しようとしているのですが、SNSの「いいね」やDMに翻弄され、行きつ、戻りつ、しています。

 

自分が思うに、癖のある(個性の強い)作品と、毒のある作品は、重なる部分はあるものの、微妙に違うと思っています。

作者の持つ、人間性の裏の部分(弱さ、ずるさ、傲慢、怠惰、孤独などなど)が透けて見えるのが、「毒気」と捉えています。

それをバランスよく、行き過ぎない程度に表現できる人は、作品に深みが出ますが、これ(毒気)を敬遠する人もいるので、多くの人に愛される作品には毒気がない方がいいのです。

 

 

でも、作り手としては、少ない人に、深く愛される方も捨てがたいのです(困ったものですが。)

0 コメント

U15ABC感想

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並 ネコ
みんなで記念撮影だよ

少し報告が遅れましたが、先だっての978日に、原宿表参道で開催された「U15ABC」について、感想などをお話します。

このイベントに参加したのは昨年に続いて2回目、イベントの特徴は、主催者が作家の国本雅之さんと小町さえりさんであること、作品が15cm以下の、ぬいぐるみ、動物人形に限定されていることです。参加者も30名程で、こじんまりとした、アットホームなイベントになっています。

 

僕も出展作は510cmの小さなものばかりでしたが、数センチから、1cm以下の方もいて、10cmの作品がやけに大きく感じました。

U15ABC」は、イベントというよりは、個展の延長のような雰囲気で、商売臭さは、殆どありません。

 

お客様には、朝の8時から整理券(番号札)を配り、11時の開場から、30名ずつお入り頂き、空いてきたころに次の30名に入って頂くというスタイルで、整理券を配った180名程の方には、根気よく並んでいただきました。

 並んで頂いている列から、自分のお気に入りは、すでに売れているのでは、という殺気を感じ、少し心苦しさと申し訳ない感じもしましたが、会場が狭いことを考えると、やむを得ないことだと思います。

 やはり、お客さんが入れ替わる2030分ごとに、大きな波があり、開場して暫くは、てんてこ舞いでした。

 

また、1日目の終了後には参加者の懇親会があり、ここでも色々な方と情報交換が出来て、有難かったですね。

 

U15ABC」では、毎年恒例のガチャガチャ(1500円ですが、参加した作家が自分の作品を景品として提供している。シールや缶バッチなどのハズレもありますが。)も大変盛り上がり、2日目の終盤、ガチャガチャを引いているのが、出展者ばっかりだったのは、昨年同様でしたが、これがお祭りのように楽しかったです。

 

写真は、出展者の作品を持ち寄っての記念撮影です!

来年も同時期に開催されるようなので、是非参加したいと思っています。

 

 

周囲の同業者

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並 ネコ
人気者トリオ

ハンドメイド作品の中でも、テディベア・ぬいぐるみ作家は、アクセサリーなどに比べて、圧倒的に作家数が少ないと思います。(勿論お客さんの数も少ないのですが。)

また、イベントの数も限られているので、出展を重ねるごとに、お知り合いの数も増えていきます。

特にブースの両隣は、期間中に相当話も弾んで、仲良くなることが出来ます。

情報交換もできて、とても有意義です。

 

ただ、残念ながら、殆どが女性なので、個人的なお付き合いは難しく、女性同士が仲良くプライベートでも友達つきあいしているのが、少し羨ましく思うことがあります(僕の場合、唯一、かつて通っていたテディベア教室の生徒同士で時々集まっているくらいです。有難いことに、皆さん作家活動しています。)。

実は、7月のイベントから、男性作家同士で情報交換しようということになって、イベントの前日に集まりました(当初4名の予定が一人減って3名になりましたが。)

 

 3月のイベントでは、2名増えて、6名で男子会を開催する予定です。

イベント会場では聞けないような話も出て、さらに有意義な時間を過ごすことが出来るので、今後の男子グループの展開・発展が楽しみです。

 

この機会に正直に告白すると、作家の知り合いが増えるのは良いことばかりではありません。お知り合いになると、どうしても、その方の新作の出来や売れ行きが気になるのです。

特に自分とキャリアが同じくらいの人が気になり、気にする必要などない、と思いつつ、素晴らしい作品を製作したり、すごく売れるようになったりすると、内心穏やかでなくなくなります。もちろん、知らない人のことは、あまり気になりませんがじょう。

 

まあ、これも自分が未熟な証拠なのですが、つまらないことにエネルギーを使わず、早く達観したいものです。

 

 

0 コメント

再度価格について2

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
虫じゃないよ。ニャンコだよ。

次回の続きで、今回も価格の話をします。

ハンドメイド作家には他にメインの収入がある方、あるいは配偶者の収入で充分生活していける方がいる一方、ハンドメイド作品の収入(教室やワークショップ開催の収入も含む)だけで生活している人もいます。

実は、価格設定については、ここが一番重要で避けては通れない点です。

もしも、今の自分に他の収入(幸い収入が有ります。)がない場合、前回お話した価格に対する考え方は全く異なってくる、と思います。

 

作品を売って生活するとなると、最低でも、自分の時間給と原価に生活していけるだけの利益を乗せた価格で売ることになるでしょう。

仮にアルバイト収入があっても、生活費を稼ぐのがギリギリのラインなら、やはり、そうせざるを得ないと思います。

 

他に収入があるかないか、という視点で周囲の作家の値付けをみると、結構その人がその価格に落ち着いた理由がわかるような気がします(勿論例外もありますが。)。

他に十分な収入がある人の場合、売れないと困るのは、作った作品が在庫として残ることです。保管場所にも困るし、残るとモチベーションが下がります。

多少売り上げが少なくとも、作品が残らないように、比較的安価な価格設定になるのは当然かな、と思います。

 

但し、他に収入がある人でも、人気が出てかなり売れるようになると、作品を売って生計を立てたい、と思うようになる人も多いはずです。そうなると価格を上げざるを得ない。

FANの方、購入される側の方は、人気の有無(すごく人気があるのに比較的安価な方もいます。)に関わらず、作家によって何故こんなに価格差があるのか、不思議に思っている人もいるでしょう。

 

作家の経済的な事情により値付けされているケースが多い、というのが僕の実感です(勿論、高くしても、それだけの価値がない、魅力がない、と思われれば、そう簡単には売れませんが。)。

 

 

0 コメント

再度価格について1

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
コザクラインコ

ハンドメイド作家の頭を悩ませる筆頭が、作品の値付けです。

以前にもこのブログで価格について書きましたが、重要なことなので、再度検証します。

作品から受ける印象より作品の価格が高い作家と低い作家がいます。

 

僕は、割とお客さんや、周囲の作家さんから「安いんですね」と言われますので、比較的安い方だと思います(但し将来的には、今より2~3割は、価格を上げる予定ですが。)が、自分よりさらに値付けの低い方もいるので、断トツに安い方ではありません。

 

 ビジネスと割り切るなら、自分が付けている価格は、原価と制作にかかった時間だけではなく、アイデアを練った時間、試作品製作に費やした時間も含めると、東京都の最低賃金ベースでも、今の1.5倍の値段をつけないと割に合わない、ということになります。

結局、自分の(時間当たりの)単価を幾らと考えるかで、価格は23倍に跳ね上がっていきます。

 

価格の高い作家の作品に、滅多なことで、お客さんが、「高いですね」とは言いませんから、果たして相場より高いのかどうか、自分では中々判断が難しいところです。

素材や、細部の拘り、型紙の複雑さなどの要素で、製作時間は大幅に変わってきます。

自分は作り手なので、他の作家が、大体、製作にどの程度かかるか見当がつくので、この方の単価は、大体これくらいか、と想像がつきますが、イベントであっという間に売り切れる人気作家さんなら、少々高くても売れるのですが、それでも良心的な価格で販売している方もいる一方で、驚くような高価な方もいます。

 

ハンドメイドをアートと捉えれば、買ってくれる人がいるなら、いくら高くても良いのだ、という考え方もあることは承知しています。

今はっきりと言えるのは、

「あの作家の作品は高いから、中々買えない」とは言われたくないな、と思います(中々自分の耳には入ってきませんが。)。

さらに、自分が買うとしたら、出してもいいな、という価格帯でおさめたいな、と思います。

(この話は次回に続きます。)

 

 

0 コメント

ブライスFANについて

i-ppoたおか 田岡正臣 下高井戸 東京 テディベア 杉並
新しい店長さんを囲んで記念撮影

このブログを読んでいただいている方の大半はブライスをご存知でしょうから、ブライスって何、という説明は省きます。

現在、僕の作品を買って頂く方の、6~7割は、ブライスFAN、ブライスコレクターです。

2回目にアイドールへ出展したあたりから、お客さんが、僕の作品とカスタムブライスを一緒に写真に撮って、インスタにタグ付けしてくれるようになりました(現在タグ付けされた数、なんと120点以上)。

 

テディベアやぬいぐるみFANがタグ付けしてくれることは、殆どありません。しかも、ブライスファンは、大抵作家名のハッシュタグをつけてくれるので、フォロワーが拡散していくという、有難い状況です。

 

2000年代前半にブライスの第一次ブームがあったようですが、今も安定した人気(ネットで第五次ブームと書いてありました。)があるようで、インスタでも、ブライスコレクターが、次から次へとデビューしています。

人形に興味のない方は、やたら目が大きく、頭が体に比して大きいので、気持ち悪いと思うようですが、僕は最初に見た時(10年近く前?)から、オシャレな人形だな、という印象がありました。

 

ぬいぐるみ作家にとっては、ブライスは実に有難い存在であり、最近は常にブライスとの相性を意識して作品作りをしています。

デメリットとしては、殆ど小さい子しか買って頂けないこと。最近僕の作品がドンドン小さくなっているのはそのせいです。

 

先日、ついにワークショップに参加して頂いたブライスコレクターさんから、カスタムブライスを2体譲っていただきました。

今後のイベントに、店長として連れて行こうと思っています!

 

あー、どんどんブライスに嵌っていく予感が・・・。

テディベアコンベンション雑感

ズラッと勢揃いしました
ズラッと勢揃いしました

27回テディベアコンベンションも昨日無事終了しました。

今回は、会場が昨年の高田馬場から、浅草に変更となりましたが、ドールワールドやネイチャーアニマルワンダーランドで慣れた会場だったので、かなりリラックスモードで臨めました。

6階と7階、2ツーフロワーを使っての開催が、今までと違っていました。

 

僕は7階でしたが、配置表を見ると、ベテランの方が、皆6階に集結しており、一体どういうことか、と開催前、疑問に思っていました。

噂によると、7階が会場入り口のため、お客様を7階だけで帰さないように、ベテランを6階にしたとか。

プレオープン(一般会場の前に、特別にチケットを買って先行入場する。)の時間が来たのですが、いつもなら、ドドっと人がなだれ込んでくるのに、7階には、チョロっとしか、人が来なかったので、やはり6階に流れたか、と思っていたのですが、後で聞くと、6階でも、お客さんが少なく、7階に取られたと思っていたようです。

どうやら、プレオープンのお客さんそのものが減った(抽選販売の人が多くなったからか?)ことと、ツーフロワーに2分割されたことが原因だったようです。

会場内は、通路も出展者スペースも広々としており、快適でした。懸念していた、各種イベントも、館内マイクを使って、トラブルなく進行したようです。

 

建物自体は、古くて、地味で華やかさがないのですが、個人的には、この堅実さが好きで、トータルでは、去年より良かったと思いました。

(来年は、なんとオリンピックの関係で、開催は10月、会場は浜松町です。)

2日目の午後は、例年通り、お客さんも少なく、知り合いの作家さんのところを廻り、交流を深めました。

これも、出展者にとっては、楽しいひと時です。

 

 

次回は、原宿で開催される、967日の「U15ABC」。開催まで2カ月、また沢山作らないと!

0 コメント